コトノハ

かるいよみもの。

やっぱりなぁ

f:id:vegamoon:20170717180257j:plain

 

こういう終わり方をいつかするんじゃないかなって思ってた。

将来のことを言われても、いまひとつ想像することができなかったのは、

その言葉に真実味がなかったからかもしれない。

生きている私と、同じ時間を生きていなかったんだから。

同じ方向を見ているようで、その目はどこも見ていなかった。

 

私のことに興味ないんだろうなっていうのはいつも感じてたから、

そんな人に「私が私が」なんて話をできない。

私が何か言っても、反応が薄いんだもの。

「へぇ!それで?」

「じゃあその日どうする?!」

ってノリノリで返ってくることがない。

だから投げた弱々しいボールが

どっかに転がって行ってしまうのを見てた。

 

私は生きているのに。

言葉や態度に傷ついて、心の中で血を流すのに。

心配して怒って、抱きしめたのに。

 

死んだ人は傷つきもしないし、

なにも感じないよ。

もしなにか思ってくれているなら、

私と息子はもっと幸せになっているはずだけど、

わりとそうでもないし。

 

でもそこに包まれていたいのなら

ずっとそうしていたらいい。

もう二度と、同じことを繰り返さないで。

保存

広告を非表示にする