読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトノハ

かるいよみもの。

やるか、やらないか

f:id:vegamoon:20170415111506j:plain

父がかなり本格的なDIYな人だったので、

(コンクリートを練って基礎から増築しちゃう人)

私もなんでも自分でやるほうだったけど、

特に夫が病気で倒れてからは、なんでも一人でやらなくちゃいけなくて。

 

IKEAニトリのワードローブやエレクターの重い棚だって一人で組み立てたし、

公団に来たら網戸がなかったから、キットで3枚作ったし、

温水便座も自分で取り付けたし、

ドアノブや納戸の引き手、

洗濯機のホースを取り付ける蛇口、

水道のコマ、

ありとあらゆるものを交換したし、

スノコで隙間家具も作ったし。

 

でもベランダの窓の鍵の交換だけは、

ネットで調べる前にやっちゃって失敗しちゃった。

窓枠の中に金属の板が入ってて、

ネジを一本ずつはずして、それを動かさずに交換しないといけなかったらしく…

ま、使いづらいけど、一応鍵はかかるので(笑)

 

数字も大嫌いで人任せだった確定申告も一人でやってるし。

 

これは絶対できない…というものだってあると思うけど、

要はやろうと思えば誰でもなんでもできるんだと思う。

 

母の末の弟、私の叔父は、

石川県の田舎で水道の工事の会社をやってるんだけど、

お酒を飲むと喧嘩をして、

ある時、下駄で顔を殴られ鎖骨を骨折し、

十字架みたいなギプスを背負って仕事ができなくなったので、

奥さんが大型免許を取って、トラックの運転手をして生計を維持したそうで。

すごく優しそうな、ふっくらした美人な叔母なので、

そのギャップがすごいなぁと思ったんだけど。

そこまでして伴侶を支えるってすごいなぁ…

 

まぁ私も、夫が元気な頃から、

一時期、私の収入だけで家計を賄っていたこともあるけど。

結婚してからは基本、食費が私持ち。

月末になって「家賃が払えないんだけど…」って言い出すので、

いくら足りないのか聞いて渡すんだけど、

最初の頃はあんまり仕事をしてなかったので、

お給料全額が家賃になったりして。

 

ある時、「これでどうや!」って感じで

給料袋をそのまま夫に渡したんだけど、

別になにも変わらなくて、あほらしくなった。

別にへりくだって欲しいわけでもなかったけど。

こいつがこれだけ頑張ってるから俺も…って思ってくれたらいいかなって。

だからガッカリしたなぁ…

 

ま、ゲージュツカだから…

仕事がくれば数時間で何万も稼ぐので、

私が時給でわずかな金額を稼ぐのなんか、

なんとも思ってなかったのかも。

 

時々、なんでもできちゃうからダメなんだろうかって思う。

一人で生きていけない風だったら、もっと幸せな結婚できたのかな?

 

保存